ダイコク通信 VOL.11

  • 投稿日:
  • by

熊本地震の衝撃!!!!!!!!!!

熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

4月14日から始まる熊本県を襲った震度6弱~震度7の3度にわたる余震・本震。

その後震度1以上の余震は1000回以上続いています。連日、新聞やニュースで取り上げられているところです。

短時間に二度三度と巨大人が発生し、耐震補強したばかりの公立小中学校や役所が損傷し、避難場所として機能できなかったばかりでなく、最初の地震には持ちこたえた家屋が、本震で倒壊し被害が拡大しました。

1981年(昭和57年)に改正された新耐震基準は「震度6強以上の自船で倒れない」ことを前提としており、何度も大きな地震が続くことは想定されていないのです。想定外の地震が起きてしまったのです。

もう一点。「地震地域係数」という仕組みを国が認めており、地震が発生しにくいと思われる地域は0.9ないし0.8で設計してもよいと定められてます。熊本県全域はまさに発生しにくいと考えられていた地域であったのです。こちらも想定外だったことになります。

daikoku_tsushinVol11.jpg